福山バラ祭りに行って来ました 2019.05.18

 暫くぶりに広島県福山市の福山バラ祭りに行って来ました。福山で毎年行われていて今回は52回目だそうです。

 広島から新幹線で福山駅へ。駅前に出ると、お祭りの飾り、大道芸をやってる人、パンフレットを配ってる人、アナウンスしてる人等々、すぐにお祭り気分になれます。
福山駅の南側の広場商店街から始まって南東方向に中央公園、バラ公園、花園公園と続きメイン会場の緑町公園までバラの花と香りで包まれます。駅からメイン会場の緑町公園までは約2km位です。
 

 駅を出るとまずは中央公園に。ボランティアによる「わくわくステージ」をはじめ、子供から大人までゆっくり触れ合える「ひよっこひろば」や「フラワーデザイン講習会」等のイベントが行われていました。

 中央公園からバラ公園へ行く途中から沿道にもバラの花が増えてきました。ばら公園内に入ると辺り一面がバラの花で埋め尽くされます。公園内には、バラ園を上から見れるように架けられた「ばらのかけ橋」やロートアイアン(?)って言うのか鉄の支柱でドームを作ってバラなどの花を這わせるようにしたオブジェなどで創造されたバラ庭園でした。

 バラ公園から花園公園、緑町公園と繋がってます。メイン会場の緑町公園に入るといきなり人が増えてきました。会場が広いことも有り、食べ物の屋台やイベントブース、体験館等々、ずらりと並んでいました。遠く愛知県から岡崎市や刈谷市のブースも出ていました。
 バラ公園と緑町公園に挟まれるように、JA福山市の建物があります。ここも敷地内には、ステージやら飲食店の屋台が並んでいました。建物の横に高所作業車が2台並んでいて、人を作業台に乗せて高い所から会場を見渡せるようなアトクションもやってました。
 駅に戻る途中の商店街や駅前では、大道芸人の方々が芸を披露されてました。
 
 中学生や高校生と思われるボランティアの方が多く、イベントの案内やゴミ拾いなどで活躍されてましたし、体験ブースやステージでも学生さんが活躍されてました。案内や警備には年配の方も多く老若男女、町全体でお祭りを盛り上げていました。
 今年は来場者86万人と過去最高だったそうです。広島フラワーフェステバルがゴールデンウィーク中の3日間で170万人、福山ばら祭はゴールデンウィークが終わった後の土日の2日間で86万となれば、ほぼ互角ですね。

タイトルとURLをコピーしました