コロナウィルスの会見で違和感が・・・     2020.03.25

 国語力に関しては、自信を持って「無い(^_^;)」と断言できる私ですが、最近のコロナウィルスの会見を聞いていると凄く違和感があります。
  会見で専門家会議や知事さんが『 いわゆる「オーバーシュート」』 『 いわゆる「ロックダウン」』とか連呼してますよね。
  ”いわゆる(所謂)”って、 【 一般的・世間で言われている言葉に置き換えると】ってことだったように思うのですが、行き成り聞いたことも無い専門用語に置き換えられても良く分からなくなります。
 「クラスター」「オーバーシュート」「ロックダウン」って聞きなれない言葉を使ってインパクトを与えようと言う狙いも分かりますが、「何のこっちゃ(^_^;)」で終わってしまいそうな・・・

 でもまぁ、「クラスター」も毎日連呼されて慣れて来たみたいに、「オーバーシュート」や「ロックダウン」も普通に聞けるようになるんでしょうね。(慣れる前に、この辺の言葉を使う必要がなくなればいいのですが・・・)

タイトルとURLをコピーしました