散歩道: 三瀧寺・三滝山 (広島県広島市西区三滝山)

三鬼権現堂

 広島県広島市西区三滝山にある「三瀧寺」です。JR可部線・三滝駅から徒歩で10分位の所にあります。山の斜面にあるので、登り道なります。
 真言宗のお寺で境内は広く、塔やお堂、庭園、滝、石仏など沢山の見所があります。
 多宝塔が広島県指定、多宝塔に安置されている「木造阿弥陀如来坐像 」が国指定、本堂に安置されている「 木造阿弥陀如来坐像 」が広島市指定のそれぞれ重要文化財に指定 されています 。
 一応、入寺料200円で入口に投入口があり、コインを投げ込むと投入口の場所によって高かったり低かったりと違う音が出るようになっていました。(私はちゃんと払いましたが、特に見張っている人とかは居ません(^_^;))
 11月後半の紅葉の時期に行ったので、人が多かったです。人が多いと撮影しにくかったので、人が少ない時期を狙って再度参拝して、撮り損ねた所は後で写真を追加しますね。

多宝塔

多宝塔

 入口入って右側の階段を上がります。本堂とは逆の方向にあります。
 朱塗りの建物ですが、紅葉の時期だと周囲は真っ赤に染まり綺麗です。中には国指定の重要文化財に指定されている「 木造阿弥陀如来坐像 」が安置されています。多宝塔自体も広島県の重要文化財に指定されています。

鐘楼

鐘楼

 入口から左方向の橋を渡ってすぐの所、参道のど真ん中に建っている鐘楼です。被爆建物と言う事です。
 帰る時に鐘を撞くと、それまでお参りした分がキャンセルされてしまうそうです。
 〔鐘の撞き方〕
 先ず一礼 次に一打 
 余韻を聴きつつ合掌礼拝
 連打は厳禁

本堂

本堂

 平安・鎌倉時代の建築様式の粋を集めて建てられたとの事です。堂内には、室町時代の作と言われる「木造阿弥陀如来坐像」が安置されています。広島市指定の重要文化財に指定されています。

鎮守堂

鎮守堂

 登山道(Aコース)の入口辺り、三瀧寺の本堂のすぐ上にあります。三瀧寺を守護される天神様と山神様がお祀りされています。
 鎮守堂の入口の左側には「一之瀧・幽明之瀧」があります。

三滝山山頂付近

三滝山山頂付近

 三滝山の山頂付近です。天気も良く、すでに多くの人がいらっしゃいました。小学校の時の遠足のお弁当タイムのような感じでした。
 浅野家の家老・上田宗箇により宗箇松と言われる大きな松の木が植えられたそうです。現在は、平成10年に植樹された4代目で、まだ成長途中の様です。(人が多すぎて撮影しづらいです)

三滝山山頂

三滝山山頂

 標高356mの三滝山(宗箇山)山頂を示す案内板です。宗箇(そうこ)山が正式な名称らしいですが、一般的には「三滝山」と呼ばれています。
 三瀧寺の本堂の横から登山道が出ています。ゆっくり行っても1時間位で登れます。私はせっかちなので40分位で登りました。

Φ ポケストップがあります・・・・三瀧寺 南無大慈大悲観世音菩薩像、十三重塔平和観音、三滝寺 十三仏像 山頂、三瀧寺:Mitakidera Temple
Å ポケモン・ジムがあります・・・Mitaki Dera Pagoda、 龍神堂、鎮守堂:Chinju Temple

  

タイトルとURLをコピーしました