写真集: 三瀧寺 (広島県広島市西区三滝山)

三鬼権現堂

 

広島県広島市西区三滝山にある「三瀧寺」です。JR可部線・三滝駅から徒歩で10分位の所にあります。山の斜面にあるので、上がり道になります。
 真言宗のお寺で境内は広く、塔やお堂、庭園、滝、石仏など沢山の見所があります。
 最初は11月後半の紅葉の時に行ったので、紅葉は綺麗でしたが、人が多くて取りづらい所も多かったので1か月後にもう一度行ってきました。葉っぱは散ってましたが、人はパラパラで撮影はしやすかったです。


入口から鐘楼辺りまでの写真です。階段上がってすぐの所に入寺料の料金箱があります。投入口が5つあり、投入口によってそれぞれ違う音が出るようになっています。
 料金箱から右側に行くと多宝塔、左側に行くと、鐘楼や本殿に繋がる参道です。


 鐘楼を過ぎて本堂までのエリアの写真です。龍神堂や六角堂、三鬼権現堂等のお堂や十六羅漢をはじめ石仏群や石碑、梵音之瀧、補陀洛庭等、日本庭園の風景等、色々な形で楽しめます。


 本堂から登山道入り口辺りまでの写真です。
 本堂内は見学自由でした。回廊でまずは、邪鬼を左手で掴み足で踏みつけている金剛力士像。髪がスーパーサイヤ人みたいで独特なお姿でした。奥側には、左手に羂索の代りに邪鬼を掴んだ、こちらも独特なお姿の不動明王像が立っておられました。
 また正面左右にも 阿吽の金剛力士と思われる像が立っていましたが、こちらには名称の表示がありませんでした。


 三瀧寺本堂横からAコースを通って 三滝山(宗箇山)に登って来ました。因みに、三瀧寺の入口近くの想親観音堂の横から登るBコースもあるのですが、すぐ先の砂防ダム辺りで道が分からなくなって断念しました。Aコースの方は、殆ど分岐点も無く1本道で迷う事がありませんでした。(1ヵ所、微妙な分岐点がありましたが、暫く行くと合流して、どちらからでも行けるようでした。)
 標高356mで一時間位のコースです。山頂には人も多く小学校の遠足のお弁当の時間みたいでした。山頂からの眺めですが、天気は良かったんですが、手前の草木や霞んだ感じもあり、ちょっと期待外れでした。

タイトルとURLをコピーしました